president.co.jp

ネクストリーダーは、
視野を広げ、
教養を高めよ。

ビジネスパーソンの世界に“教養ブーム”が起きようとしています。みんな、わかってきているのです。「人柄や体力、ガマン強さはたしかに重要だけど、それだけではダメだ。知識や教養も武器にしたい」と。プレジデントネクストなら、短時間で、楽しみながら、ビジネス教養を身につけることができます。分厚いビジネス書、教養の書でも、本当に大事なメッセージはひとつ。プレジデントネクストは、その“たったひとつ”をマンガでわかりやすく伝えます。また、特集マンガのセリフにはネイティブが訳した英訳文がついて、最新の英語が学べます。

From Supervisor 監修者より

 私も初めて日本酒のおいしさに気づいたとき、マンガの作中に出てくる咲子ちゃんと同じように、「こんなおいしいお酒があったの?」と絶句してしまいました。それから酒蔵の取材をするにつけ、寝食を忘れ、おいしい酒をつくるために奔走する蔵元さんたちの姿に心を打たれました。また、日本酒は酒米という、栽培に手間がかかる難しい米から造られています。そうした酒米作りを担う農家さんの田んぼを訪ねると、まさに日本の原風景が広がります。時代が進んでも、ずっと残っていてほしいと心から思える情景です。私は日本酒を飲むとき、そうした景色を思い浮かべます。本誌を手に取っていただいた方には、ぜひマンガを通じて日本酒の背景にある伝統や文化を感じ取って欲しいと願っています。


山内聖子
やまうち・きよこ●日本酒ライター・SSI認定キキ(口へんに利)酒師。“夜ごはんは米の酒”をモットーに10年以上、全国の酒蔵を巡りながら数々の週刊誌、月刊誌、書籍などで日本酒にまつわることを執筆中。著書に同世代の作り手を書いた『蔵を継ぐ』(双葉社)がある。

目次はコチラ

マンガでよくわかる「今どきの日本酒」

Features

マンガでよくわかる「今どきの日本酒」

もはや、作品の域。なぜ、これほどブームなのか?

【はじまりのインタビュー】中田英寿/日本酒をおいしく飲むために今僕がしていること

【はじまりのストーリー】世界で活躍、酒サムライを知っていますか

【メインストーリー】バスガイド咲子が蔵元で学んだ「新しい日本酒」の4大キーワード

【プロローグ】 私、日本酒って全然わからない……。

【PART1】 新政は、「伝統をポップに」

【PART2】 仙禽は、「ドメーヌ&テロワール」

【PART3】鷹来屋は、「ブレないクラシック」

【PART4】紀土は、「ものづくりのプライド」

【エピローグ】日本酒のよさを知ることは、日本のよさを知ることなんだ。

 

Special Article

はじまりの学者インタビュー 丸山潤一 東京大学大学院助教

はじまりのロングインタビュー  田中誠二 日本航空

 

Serial comic

連載コミックエッセイ 棚橋弘至の家族愛日誌

連載ストーリーマンガ 『ダムの日』最終話/『ザ・ビジネスマン』最終話

 

EricさんのTALK Like You SING♪ 最終回

コンビニ捜査網&大学院教授のマーケティング講座

ネクストビジネススクール

仕事に効く「ビタミンマンガ」

田中光の「オフィスレディZ」

Next Issue 次号予告

プレジデントネクストVol.16 (2016年6月15日発売)は……
特集 富裕層の貯金術(仮)です。
お金持ちになる方法は、お金持ちが一番よく知っている....(続きを読む)